GREETING

「日本再興戦略2017」(日本経済再生本部)によりますと、無人航空機(ドローン)による都市部の配送を、2020年代に本格化を目指すと謳われております。自律化をキーワードにした第四次産業革命を目前に、我が国も国際競争力のある産業分野を育てるべくICT、IoTに関する活発な取り組みを推し進めているところですが、産業の省力化と効率化の両立を叶えるドローンは、その活躍が大いに期待されているところです。

 しかしながら、早熟かつ多岐にわたる産業を横断するドローン活用の各地域における牽引役は、未だ不足しており、そのような現状において、健全かつ適正な活用を恒久的に推し進める、地域に根差した組織が必要であると私は考えます。

一般社団法人いわてドローン操縦士協会(IDPA)はそのような考えのもと、一般社団法人ドローン操縦士協会をはじめとする多方面からの支援を戴き、この度、設立する運びとなりました。国の求める技量基準を上回る「いわて水準」のドローン操縦士を数多く育成することを使命とすると共に、「いわて」に根を張る人間が有機的につながり、産学官一体となった連携を図り、健全な活用推進とモラル向上の両輪を以て、郷土に活力を生み出すことを志した活動を展開して参ります。

平成29年5月23日

  一般社団法人いわてドローン操縦士協会  理事長 石川 啓

更新日:

Copyright© いわてドローン操縦士協会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.